i

1977年に開業後、43年間に

発表し

論文・掲載記事の一覧

      

     当院が取材された一部の書物  
  



 

 

 
 
 
 
 
 

 

サイトウ歯科の総合案内はこちらです 

「栄養と料理」6月号(女子栄養大学出版部)では、「自分の歯を100歳まで残す!」という特集を21ページに亘り掲載しています。サイトウ歯科が全面協力させていただきました。

   

「ゆうゆう6月号」(主婦の友社刊)に掲載されています。 この取材記事では、「自分の歯を残す大切さ」を訴えています。

           

新型コロナウイルス対策に、30年前に開発導入した院内感染対策が役立っています。詳しくは

自分の歯は自分で守る

43年間、「生涯自分の歯を使う」をテーマとして追求してきた結果、砂糖を減らす・上下の歯の接触時間を減らす・1日1回は適切なブラッシングという単純な3つの方法を守ることが最善の方法です。

現在口腔内に大きなトラブルがないようであれば、この3つの方法を確実に実行するだけで、生涯自分の歯を残せる可能性は非常に高くなります。3つの方法は、「100歳まで自分の歯を残す4つの方法」に詳述されています。     

           

医療相談について

「100歳まで自分の歯を残す4つの方法」(講談社刊)・各種の健康雑誌の取材記事・新聞での連載を読 まれて、お電話をいただくことが多くなりました。

抜いてインプラントにするのではなく、生涯自分の歯を使いたいという意識の高い患者さんが増えてこられました。

このホームページに出合った皆さんは、ぜひとも、「100歳まで自分の歯を残す4つの方法」を熟読し、まずは3つの方法を確実に実行してみてください。

その上で、まだ困った問題があるようであれば、約50分間で30000円の医療相談を受けてください。時間の許す限り対応させていただきます。医療相談は著者のわかる範囲内でのアドバイスとなります。

自費診療のみですが、当院での治療を希望される患者さんも、まずは医療相談を受けていただき、次のステップに進んでいただきます。

   医療相談のお電話をいただく時間は、

        平日の午前10時から午後3時までです(電話番号:03−3374−7070)。

サイトウ歯科の利用方法が変わりました。

開業43年を迎え、これからも長期に亘り医療サービスを提供するため、診療日は月・水・金曜日とし、診

療時間は午前10時から午後4時までと短縮しています。火・木曜日は、歯科技工作業・医療相談・広報活動を行っていますが、予約の受付・再来患者さんの応急処置は行っています。

電話応対可能時間は土・日・祝日を除く、月曜日から金曜日の午前10時から午後3時20分までです。   

 

 

                (磐田サイトウ歯科の話題です)

青城小学校・青城こども園・龍の子幼稚園・にじいろ保育所の校医を担当している齋藤滋子院長が提供する歯の話題です。見てください。 滋子先生の子供時代の話もあります。

虫歯の話(1)  虫歯の話(2) 歯の付け根が凹んできた   おやつについて

学校検診で不正咬合と言われたら  虫歯を知らない子供たち 虫歯菌と戦ってくれる私たちの歯


 

 

サイトウ歯科の師匠は、「歯を抜かない」をモットーにされておられた織家勝先生です。詳細 

 

 

木野孔司元東京医科歯科大学准教授と開発した「TCH是正咬合療法」の詳しい内容は、

次世代の顎関節症治療を考える会を参照してください。  

 

 


 

        199回目の更新 (C)2004〜  サイトウ歯科

 


 
 

 


 

 

 

 

 
 
   
   
   
   
   
 
 
 
 



 


改訂新版です。

旧版は、6刷となり、電子書籍、台湾版,、韓国版も出ています。



医歯薬出版から、「歯科医院で取り組むTCHコントロール入門」(齋藤博著)が発売されています。重版になっています。


医歯薬出版から、「100歳まで自分の歯でおいしくたべよう!」(渡邉晴美・齋藤滋子著)が発売されています。この本も重版になっています。


 

 

 


 


 
 

 


.
.